浮気調査の事例をご紹介

November 23, 2017

 

今回、ご紹介させていただく浮気調査の事例はGPSを活用した事例になります。

 

ご依頼者ご自身でGPSをレンタルし配偶者の車に取り付けたところラブホテルに行っていることが確認。

 

そこで、弊社に依頼になった事案です。

 

調査方法はGPSを活用し、ラブホテルに行ったら現地に行きラブホテルからの出を撮影することです。

 

この調査のメリットとして、調査料金が抑えられます。

 

デメリットとしては、調査員が空いていなければ動けないことと、

(弊社としてもいつ動くかわからない為、調査員を待機させておくことは出来ず、他の調査が入ってしまえば調査員はそちらの調査を優先して調査を行うしかありません。)

弊社では車の尾行には車とバイクを使う為、他の調査で使用していてバイクの準備が間に合わない場合は、発覚の可能性を考慮して、尾行を途中で中断しなければならないことです。

(尾行の中断は状況によります。)

 

このデメリットをご依頼者様が納得していただいたので、調査を行わせていただきました。

 

今回の調査料金プランは通常の時間制料金で行います。

 

GPSを取り付け4日後、早速動きがあります。

 

19時の時点で、ホテルらしきとこに位置情報を確認。

調査員が向かったところ、ホテルにて車を確認。

 

配偶者と浮気相手がホテルから出、車に乗車するところまで撮影に成功。

最寄の駅まで、浮気相手を送り、そこから浮気相手の自宅まで判明です。

 

今回の調査にバイクの準備は間に合いませんでしたが、車尾行を長く行っていませんでしたの問題はなかったです。

 

調査料金

基本調査料金 ¥20,000

時間料金(調査員2名) 19:00~24:30 5.5H ¥55000

合計 ¥75,000

 

この後、1週間後に動きあり稼働します。

この日は朝から、動きがあり調査時間ホテルに滞在します。ホテルの場所も遠方の為、今回はバイクが必須です。(ホテルに長時間滞在したため、バイクの準備も問題ないです。)

 

調査料金

基本調査料金 ¥20,000

車両追加(バイク) ¥10,000

時間料金(調査員2名) 09:00~18:00 10H ¥90,000-

合計 ¥120,000

 

今回は朝からホテルに行かれた為、調査料金の方は1回目よりも掛るかもしれないとの予想はついていたので、ご依頼者と相談の上、調査を行っております。

 

調査費用は、2回の調査で¥195,000と弊社の調査費用の平均額より抑えて調査を終了できています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号
 


池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分
●代表:原田 秀樹
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号


タイ・バンコクオフィス


●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

November 20, 2019

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

Please reload

アーカイブ