名誉棄損と表現の自由

March 18, 2017

名誉棄損は刑法230条で規定がなされている。

刑法230条公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

 

死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

 

 

ただし公共の利害に関する特例もある。

刑法230条の2

前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

 

前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。

 

前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

 

 

「夕刊和歌山時事」事件

 

「刑法230条の2の規定は、人格権としての個人の名誉の保護と、憲法21条による正当な言論の保障との調和をはかったものであり、これを考慮するならば、事実が真実であることの証明がない場合でも行為者がその事実を真実であると誤信し、その確信したことについて、確実な資料、根拠に照らし相当な理由があるときは、名誉棄損の罪は成立しないとした。」

 

最大判S44・6・25

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号
 

 

 


池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分
●代表:原田 秀樹
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号


横浜オフィス

●TEL:045-827-3890
●FAX:045-827-3894
●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
●所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
●代表:山﨑 直希

●探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
●探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号


タイ・バンコクオフィス


●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

March 24, 2019

Please reload

アーカイブ