既婚者を口説いてはいけない

November 22, 2016

題名は当たり前のことが書いてあります(笑)

 

人様の家庭を壊してはいけません。

 

前回、不貞の証拠につてい書きましたが、既婚者の方を口説くだけでも、慰謝料の請求の対象になります。

 

この逆もしかりで、既婚者の方が他人を口説いた場合は、配偶者からの慰謝料の請求の対象になります。

(この場合、既婚者の方が、配偶者より請求されます。口説かれた相手方は、対象になりません。)

 

ただ、このような場合の慰謝料の額は低額で、5万円~30万ぐらいです。

 

ただし、不貞行為がなくても(裁判で認められなくても)社会通念上度を過ぎた交際として、慰謝料が100万前後、認められたケースもあります。

(このケースでは、離婚をしております。)

 

※社会通念上度を過ぎた交際とは?

自宅に泊めたり、酔っ払ってキスをしていたり、手をつないでデートしてるなど、既婚者が行っていれば不適切な行動です。

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

 

●TEL:042-732-3534

●MAIL:machida@hytokyo.co.jp

●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306

●代表:黒木 健太郎

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

March 24, 2019

Please reload

アーカイブ