不貞の証拠

November 20, 2016

 

民法上、不貞の証拠となるのは性行為となっております。そして、不倫・浮気(不貞行為)の証拠は原告側に立証責任があります。つまり、訴える側が証拠を集めなければならないのです。特に、不倫・浮気行為の証拠を集めるには、個人で集めるには限界があります。それは、不倫・浮気においては、慰謝料を得る為には、不貞行為の証拠を集めなければなりません。

この不貞の証拠としては、ある程度継続的な肉体関係が必要となります。性行為そのものの現場を押さえることは、非常に難しいです。その為、性行為が行われたであろうとする、推認できる現場を押さえることになります。それが、ラブホテルの出入りであり、自宅等での宿泊になります。

 

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

 

●TEL:042-732-3534

●MAIL:machida@hytokyo.co.jp

●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306

●代表:黒木 健太郎

●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

November 20, 2019

August 18, 2019

July 26, 2019

Please reload

アーカイブ