財産分与

May 20, 2017

弊社にご依頼される浮気調査では、多数の方が離婚を選択します。

(離婚を前提に調査依頼される方が多いです。)

 

浮気調査にて、不貞の証拠を掴み慰謝料を請求した後、離婚となれば配偶者との間に財産分与があります。

 

この分野は法律的知識も必要となるため、弊社は専門家の意見を聞くこと(また依頼をすることを)をすすめていますが、それでも費用的にご自身でやることを選択する方(協議離婚で財産分与も行う方)もいますので、数点注意点を上げたいと思います。

 

まずは配偶者の財産を把握すること。

 

不動産や動産(車等)は目に見えるものなので把握しやすいですが、隠し口座や株なども把握しておかなければ、相手が隠し通せばもらえません。

(厳密には財産隠しは違法行為ですが、隠したことを気づかなければ違法行為もなにもなかったことになります。)

 

負の財産の債務。

 

家のローンや車のローンです。

結婚生活において必要なために負った債務は財産分与の対象になります。

 

それとは別に個人的趣味の為に借金を負った場合(ギャンブル等)は財産分与の対象になりません。

 

退職金や年金。

 

退職金の場合は、将来もらえることが確実な場合は財産分与の対象になることがあります。

 

年金は婚姻期間の間分は配偶者が支払った分から貰えます。

 

共有財産と特有財産の把握。

 

共有財産


家財道具・不動産(土地や建物)・自動車・銀行預金・株券(有価証券等)・ゴルフ会員権・美術品等

 

特有財産


夫婦一方が婚姻前から持っていた財産。

婚姻中に相続や贈与などによって取得した財産。

個人の才覚によって築いた財産(以下のようなものが対象となります)。

 仕事以外の時間を利用した、株取引やFX(外国為替証拠金取引)等で得た財産。

 インターネット上の個人サイトやブログの運営から得られるアフィリエイト収入。

 ギャンブルで得た配当金。

 上記の財産を元に得た派生資産(利息や運用益)。

 

 

上記を考慮して財産分与を行うことです。

個人で行うことは簡単ではないので(個人間で行うと財産隠しもされ騙されることもあるので)私は専門家(弁護士等)に依頼することをおすすめいたします。

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号
 


池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分
●代表:原田 秀樹
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号


タイ・バンコクオフィス


●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

March 24, 2019

Please reload

アーカイブ