有責配偶者からの離婚請求

November 26, 2016

※有責配偶者とは離婚原因を作った配偶者とななります。不貞を行った、暴力を振るった方の配偶者です。

 

有責配偶者からの離婚請求は認められます。

 

 

以前は信義則に反するという観点から

 

認められていなかったが、

 

別居期間8 年で認めた最高裁判例(最判平成2 年11月8 日)

 

も認めなかった最高裁判例(最判平成元年3 月28日)もある。

 

下級審判決でも別居期間6 年で認められた例もあり(東高判平成14年6 月26日)、

 

別居期間9 年で棄却された例(東高判平成19年2 月27日)もある。

 

 

ここで重要なのが、相手方が有責配偶者と立証しなければならない。

 

立証できなければ、別居期間中の婚姻費用(生活費など)を払っていれば、

 

信義則違反とはならず、僅か3年で離婚が認められてしまいます。

 

 

現在の裁判実務は、一定期間の別居があれば、

 

婚姻は破綻しており民法770条1項5号(婚姻を維持しがたい重大な事由)

 

の離婚原因があると認定しており、その一定期間については、3 年プラスマイナス

 

1 年を合理的なガイドラインとするのが有力説です。

 

そして、信義則違反とは、

 

「配偶者に対する協力及び扶助を著しく怠っていることによりその請求が信義に反すると認められるとき」

 

と定義されています。

 

 

現在は家族法改正案は思案中ですが、

 

有責配偶者からの離婚請求に対しても、別居期間5年で離婚を認めるという法にするのが、有力です。

 

(日本弁護士連合会は賛成である。)

 

 

最高裁の判例として基準となっている条文は、

 

夫婦がその年齢及び同居期間と対比して相当の長期間別居し、その館に未成熟子がいない場合には、相手方配偶者が離婚によって精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状態におかれるなど、離婚請求を許容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情がない限り、有責配偶者からの請求であるとの一事をもってゆるされないとすることはできない。(最判S62・9・2)

 

 

 

 

 

 

 

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号


池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分
●代表:原田 秀樹
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号


横浜オフィス

●TEL:045-827-3890
●FAX:045-827-3894
●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
●所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
●代表:山﨑 直希

●探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
●探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号


タイ・バンコクオフィス


●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。

今回の調査は難航しました。

浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。

2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。

カラオケB...

過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

July 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事

November 20, 2019

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

Please reload

アーカイブ