外国人の選挙権

外国人の選挙権が問題となった最高裁の判決です。 選挙権は自国民のみ、認められたものであって、外国人に選挙権は、基本的には認められていないが、永住資格を要する、外国人には地方選挙のみ認められた。 最高裁は、「憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するのものと解するのが相当であり、」 外国人には同条項による選挙権は保障されていないが、「我が国に在留する外国人のうちでも、永住権等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緻密な関係を持つに至ったと認められるものについて 法律を持って、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されてる者ではない」とした。 最判H7・2・28 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分 ●代表:原田 秀樹 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号 ●探偵業開始番号:東京都公安委員会

税理士会政治献金事件

強制加入の公益法人である、税理士会が、特定の政治団体に寄付するため、総会の多数決に決議によって、構成員に特別会費に徴収を義務付けることができるかどうかが争われた。 最高裁は「政党など(政治資金)規正法上の政治団体に対して、金員の寄付をするかどうかは、戦況における投票の自由と表裏を成すものとして、館員各人が市民としての個人的な政治思想、見解、判断等の基づいて自主的に決定すべき事柄である」から、 「このような事柄を多数決原理によって団体の意思として決定し、構成員にその協力を義務付けることはできない」 として、総会の決議を無効とした。 最判H8・3・19 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分 ●代表:原田 秀樹 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号 ●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号 横浜オフィス ●TEL:045-827-3890 ●FAX:045-827-3

土下座強制の女性に罰金刑

13年9月に衣料品店にて土下座を命じた女性に対しての判決です。 札幌区検は、札幌市東区の衣料品店で店員に土下座を命じたとして強要容疑で逮捕され元介護職員の女(43)について、画像を中傷のコメントとともにツイッターに投稿したとして名誉毀損(きそん)罪で略式起訴した。 札幌簡裁は、同日、罰金30万円の略式命令を出した。 札幌地検は、強要罪について「前科がなく反省している」として不起訴処分とし、追送検容疑の名誉毀損を適用した。 「一度インターネット上で画像が広まれば回収不可能で、被害が永遠に続き模倣性も高い」と説明している。 この女性、女性店員2人の土下座姿を携帯電話で撮影し、画像を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿した上、 「商品管理の悪さで客に損害を与えた」などと中傷する内容を書き込み、2人と同店の名誉を傷つけたという。 この女性は土下座を強要している動画をツイッターにアップして、炎上してしまい罰金刑以上にネットで叩かれ、個人情報まで晒されてしまった。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014

認知症母殺害事件

事件は、2006年2月、京都市で起きた。 認知症の母親と母子心中を図り、息子だけ生き残ってしまった。 被告は、最初はデイケアを利用し働きながら介護をしていたのだが、症状が進むにつれ、介護のため職場を辞めなくてはならなくなった。 生活保護を申請しようとしたが認められず、(まだ失業保険を貰っていたため) 後に失業保険の給付も終わり、生活費がなくなり心中を図った。 (失業保険が切れれば、生活保護は認められた可能性は高いが、職員からの説明はなく、帰ってきた言葉は「働いてください」だった) 事件当日の様子が、裁判で語られた。 被告は最後の親孝行にと、京都市内を車いすの母親と2人で散歩した。 そして、河川敷の遊歩道で、 「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、 母は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。 被告が「すまんな」と謝ると、母は「こっちに来い」と呼び、 被告が母の額にくっつけると、母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。 この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。 母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。 冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。 検察側も「哀切きわまる母への思い。同情の余地がある」と、 最高刑懲役7年に対して求刑は懲役3年と、被告の情状面に理解を示していた。 殺害時の2人のやりとりや、 「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。 目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり

無権利のもの売買委託事件

例えば、あなたはビニールハウスを借りて、そこでナスを栽培していた。 ある日の事、賃貸人のAと土地の契約更新でモメ、ビニールハウスを占拠されてしまう。 しかも、あろうことかAはBに販売委託契約をして、ナスを売り払ってしまった。 「オラのかわいい、ナスたちが売られてしまった・・・どうするべか、なんとかなんねべさか・・・」 いろいろ調べたら、わかったことがあった。 「ナス自体はオラのもので、Aに権利はねえべ。 販売委託契約を追認すれば、Bが売ったナスの料金はオラのものになるかもしれん」 そこで、BIに対して、委託契約に基づく債権債務を発生させる趣旨で販売委託契約を追認し、損害賠償を請求した。 高裁では、「上記の趣旨で本件販売委託契約を追認したのであるから,民法116条の類推適用により,同契約締結の時に遡って,OOが同契約を直接締結したのと同様の効果が生ずるとして,OOの第2次予備的請求を認容した。」 と判決が出た。 訴えが認められたのである。 「これで、オラにナス代がはいるべさ」と、ほっとしたのもつかの間、 最高裁では 「無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合に,当該物の所有者が,自己と同契約の受託者との間に同契約に基づく債権債務を発生させる趣旨でこれを追認したとしても,その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得すると解することはできない。 なぜならば,この場合においても,販売委託契約は,無権利者と受託者との間に有効に成立しているのであり,当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても同契約に基づく契約当事者の地位が所有者に移転し,同契約に基づく債権債務が

婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味付け作業

数年前に発表された論文がある。 「婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味付け作業」要は、不倫している男性の本音みたいな感じです。 まずこの論文で気になったのは、既婚男性の50.2%が浮気をした事があるというデータです。 (これは、この論文での主旨ではなく、以前の調査データ) 逆に考えれば、同じ数の女性も不倫関係にあったいう事。 この論文の被験者(不倫男性)は、妻に不倫がばれてない男性です。 妻への愛情表現は怠らず、日常生活の家事を協力するし、記念日はかならずサプライズをする、毎日「愛してる」と言うなど、世間一般から見て、不満をもたれる夫は違うという点です。 さて、男性の本音(言い訳?)ですが、毎日同じことの繰り返しの家庭生活なので、外に刺激を求めてるみたいなありふれた事が書かれてます。 中にはこんなことも、「浮気をしたことで、逆に妻への愛情が深まった」と一瞬?ですが、「生活が充実したので精神的余裕が生まれ、家族と向き合える事が出来た」からみたいです。さらには、「妻との関係は自分にとってはなくてはならないもので、生涯連れ添うもの」と変化していったと言う方も。 一応皆さん、罪悪感は多少なるともあるらしい。 止められない理由として、「(性行為が)好きだからしょうがない」 このように不倫男性の身勝手の言い分をまとめたものです。この論文は上記にも書きましたが、発覚していない方達が対象です。 愛情を注がれている奥さんは浮気を疑うことは少ないと思います。 このように、上手に浮気を行う方達もいるみたです。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX

発信者情報開事案

裁判で争われたた論点は、接続業者(通称、経由プロバイダー)は、特定電気通信役務提供者にあたるかどうかだ。 最高裁の、判決は

血縁上の父子関係がないことを知りながら認知した父親からの認知無効請求事案

2014年1月14日、子を認知した法律上の父が、認知無効を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決があった。 広島県内の男性は03年、フィリピン人女性と結婚。 同国で生活していた女性の3人の子のうち、末っ子の女児(当時8歳)だけを認知して呼び寄せ、05年に日本国籍を取得させた。 しかし、夫婦関係が破綻した為、男性が認知無効を求めて提訴。1、2審とも請求を認めたため、女児側が「身勝手な無効主張を認めれば、女児は日本国籍を失い、大きな不利益を被る」と上告した。 大谷剛彦裁判長は、 「認知をするに至る事情はさまざまで、 認知者による無効の主張を一切許さないとするのは相当でない」と指摘。 男性は「利害関係人」にあたり、娘との血縁関係のない今回のケースでは、男性の無効請求が認められると判断し、「認知者は認知の無効を主張することができる」との初判断を示し、認知された子側の上告を棄却した。 これで、父側の無効請求を認めた1、2審判決が確定した。民法は785条で「認知をした父母は認知を取り消すことができない」と定める一方、786条で、子や利害関係人による取り消しの主張を認めている。 5人の裁判官のうち4人の結論。 大橋正春裁判官は 「認知した父の意向で子の地位を不安定にすることは許されない」 とする反対意見を述べた。 なお、学説上は「血縁関係のない認知は無効」という考えが主流だが、実際に法律上の父が裁判で訴えられるかについて、最高裁が判断を示すのは初めてとなる。 今回は、女児と血縁関係にあらず、女児にはフィリピンにも認知している父がいた。 第七百八十六条  「子その他の利害関係人は、認知に対して

コピペ記事も名誉棄損です。

この判決はネットの掲示板だが、場合によってはツイッターやフェイスブックで拡散しただけでも名誉棄損にあたります。 浮気相手への仕返し行為として、ネットに不倫行為を書こうとする人が稀にいますが、これも名誉棄損です。 慰謝料を請求できる立場から逆に請求される立場になってしま

DVと自殺の因果関係を認めた判決

交際相手の20代男性からドメスティックバイオレンス(DV)を受けてマンションから転落し重い障害を負ったとして、女性(26)が男性に5000万円の賠償を求めた訴訟の判決があった。 2人は08年5月ごろから交際を始めたが、間もなく男性が女性を殴ったり、携帯電話を壊したりするなどの暴力を振るうようになり、訴訟で男性側は、暴行を否定した上で「仮に暴力があっても、女性が交際をやめればよく、自殺を図ることまでは予見できなかった」と反論した。 本間健裕裁判長は、女性の友人らの証言や、女性がネット上に書き込んだ日記などから暴行を認定。 「7カ月にわたり暴行を受けて思い詰め、1月7日の暴行で自殺を図った」 と判断し、また、女性が交際を解消できなかったのは、男性が脅迫的な言葉で翻意を迫るなどしたためで 「予見可能性を否定できる事情とは言えない」として女性側の主張をほぼ全て認め、男性に全額支払いを命じた。 札幌地裁 2014.2.6 この加害者男性は判決以前に被害者女性に対しての傷害容疑で罰金刑を受けている。 そのような事情からもDVと自殺未遂との因果関係を認めた判決になったと思われる。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●

実刑判決をうけても

当時、鹿児島県に住む、33歳の女性がストーカー規制法の罪に問われ、懲役10ヶ月の実刑を受けた。 女性は2000年ごろから、バスの車内で居合わせた、38歳の男性に一方的に行為を抱き、男性の職場などに押し掛け為、20004年2月18日、同県公安委員会からストーカー行為

盗聴器が設置させれている場所

盗聴器が設置している可能性が高い場所を下記にあげます。 <一般家庭> 半永久タイプ(電源供給) ・コンセントの周辺・家電製品の内・室内照明の周辺・電話回線上・パソコンの周辺 ・ドアの新聞受け 電池タイプ ・換気扇周り・ぬいぐるみの中・

盗聴器の種類について

回は、盗聴器自体について、書きたいと思います。 盗聴器は、半永久的に使えるものから電池タイプの2種類あります。 半永久的に使えるタイプは、コンセント型や、電化製品に内蔵するタイプがあります。 半永久的に使えるタイプは、電気を供給されているため、電波の送信範囲も広く、 1㎞~4㎞まで広範囲に受信できるものもあります。 電池タイプは70h~150hほど持ちます。 これにはカモフラージュタイプもあり、傘や電卓、カード式の物もあります。 値段は2~7万円で、年間約40万台売られていると言われているます。 盗聴電波の受信範囲は100m~400mですが、周囲の状況(建物による遮断や電波状況)に変化します。 盗聴器の機能としてVOX機能とリモコン機能があります。 VOX機能を搭載した発信機は周囲に音がある時のみ電波を送信し、発信機周辺が無音の時には電波の送信を停止して待機(スタンバイ)状態に入ります。 VOX機能搭載の盗聴器のメリットは次の2つがあげられます。 1.周囲に音がない待機状態時には電波を送信していないので、電池を無駄に消費しない。 2.個人や業者による盗聴発見の際、比較的発見されにくい。 リモコン機能は受信者が遠隔操作で電波を送信させます。 (通常はオフ状態なので、こちらも発見されにくい。) リモコン機能付きの盗聴器は受信者が盗聴したときのみ盗聴器を発動させます。 こちらのタイプですと、盗聴電波からの発見は困難になり、目視のみで発見しなければなりません。 おおまかでは、このような感じです。 盗聴器自体も年々進化しています。 我々、発見する者としては、頭を悩ませる所です。 hy東京

日本の法律は盗聴自体を裁けない

以前から弊社に寄せられる相談のひとつに、盗聴に関する相談があります。 日本では、盗聴に関する規制は甘く、盗聴しただけでは、犯罪にはなりません。 盗聴した内容を第3者に漏らす事によって、罪になります。 (秘密の保護) 第五十九条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は第九十条第二項の通信たるものを除く。第百九条において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。 (罰則) 第百九条 無線局の取扱中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 後は、器物損壊罪と住居侵入罪に該当する可能性があるぐらいです。 だから、秋葉原など電気街や、ネットで簡単に盗聴器と受信機は手に入ります。 そして、盗聴器を仕掛ける相手は、結構身近な人だったりします。 恋人、元恋人、友達とか・・・ この方達は、盗聴器を仕掛けやすい立場にいます。 後は、盗聴自体を趣味としている方達。 この方達はもともと仕掛けてある盗聴器の電波を拾って聞いていることが多いです。 リスクは冒さず自分の趣味に没頭している感じです。 それでも、どこの誰かわからない人に自分の会話を聞かれているのは不愉快極まりないものです。 では、対策として、新しい部屋に引っ越した時や、同棲相手と別れた時は、必ず鍵を変えましょう。 引っ越し先に元々あったコンセントタップ等は処分しましょう。 このようなものが盗聴器だったりします。 後は、コンセントの中身をみて怪しいもがついてないか確認しとけば問

青い鳥判決 離婚訴訟

この判決は地裁で出た判決の中でもかなりのレア判決です。 妻が離婚を請求した理由は、夫のDVによるものです。

浮気・不倫調査料金の概要

弊社には調査料金の形態が2種類あります。 これは、対象者の状況や、ご依頼者様の要望がそれぞれ異なる為、設定させていただいております。 時間料金がおすすめなのは以下の方です。 ・対象者の行動パターンを把握出来ている。

慰謝料を得れる証拠とは

慰謝料を得れる証拠とは、法律的根拠を持っている証拠です。(要は裁判でも負けない証拠です。) 法律上、浮気の証拠とは、不貞の証拠です。 不貞とは性行為です。

嘘を見破る

浮気を問い詰めたとき、相手は嘘をついて言い訳することが多いです。 ここでは嘘を見破るポイントを書きたいと思います。 人は嘘をつく時、どうしても体に現れます。

浮気をすると変化する行動パターン

一般的に言われているのが、服装が派手になりとか、今まで全く興味がなっかたのにファッションに興味を持ち始め、香水を付けだしたり又は使っていた香水やシャンプーの種類が変わったりします。 その他に、帰宅後にすぐにシャワーを浴びたり、携帯電話を離さなくなる又は今までかけていなかったパスワ

hy東京探偵事務所
​町田オフィス

TEL:042-732-3534

MAIL:machida@hytokyo.co.jp

所在地:〒194-0013 

東京都町田市原町田2-7-6-306

代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:

東京都公安委員会 第0110313号

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Basic Square

Copyright 2008-2016 hy Tokyo Tantei Jimusho machida office All rights reserved.