占有権その1

StartFragment

成立要件

第百八十条

占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する。

※意思能力のないものは占有権を取得できません。

第百八十一条

占有権は、代理人によって取得することができる。

※意思無能力者は、法定代理人を通じて占有します。

占有の意思

第百八十五条

権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、その占有者が、自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ、占有の性質は、変わらない。

自主占有 所有の意思をもってする占有(売買の買主等)

他主占有 所有の意思をもたずにする占有(賃借人等)

第百八十六条

占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する。

2  前後の両時点において占有をした証拠があるときは、占有は、その間継続したものと推定する。

※無過失は推定されません。

第百八十七条

占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。

2  前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

占有権と相続

民法に規定はありませんが、判例は相続を認めています。(最判S44.10.30)

占有権の効力

第百八十八条

占有者が占有物について行使する権利は、適法に有するものと推定する。

※「占有物について行使する権利」とは、占有を正当化するすべての権利(所有権その他の物権、賃借権等の債権)(大判T4.4.27.)

果実取得権

善意占有者

第百八十九条

善意の占有者は、占有物から生ずる果実を取得する。

2  善意の占有者が本権の訴えにおいて敗訴したときは、その訴えの提起の時から悪意の占有者とみなす。

悪意占有者

第百九十条

悪意の占有者は、果実を返還し、かつ、既に消費し、過失によって損傷し、又は収取を怠った果実の代価を償還する義務を負う。

2  前項の規定は、暴行若しくは強迫又は隠匿によって占有をしている者について準用する。

滅失・損害責任

第百九十一条

占有物が占有者の責めに帰すべき事由によって滅失し、又は損傷したときは、その回復者に対し、悪意の占有者はその損害の全部の賠償をする義務を負い、善意の占有者はその滅失又は損傷によって現に利益を受けている限度において賠償をする義務を負う。ただし、所有の意思のない占有者は、善意であるときであっても、全部の賠償をしなければならない。

費用償還請求権

必要費

第百九十六条

占有者が占有物を返還する場合には、その物の保存のために支出した金額その他の必要費を回復者から償還させることができる。ただし、占有者が果実を取得したときは、通常の必要費は、占有者の負担に帰する。

※善意・悪意問わず。

有益費

2  占有者が占有物の改良のために支出した金額その他の有益費については、その価格の増加が現存する場合に限り、回復者の選択に従い、その支出した金額又は増価額を償還させることができる。ただし、悪意の占有者に対しては、裁判所は、回復者の請求により、その償還について相当の期限を許与することができる。

※悪意の占有者は有益費の支払いを待たずに留置権を失い、すぐに返還しなければなりません。

StartFragment

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分 ●代表:原田 秀樹 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号 ●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号 タイ・バンコクオフィス

●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)02-426-5096(タイから掛ける場合) ●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp ●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru,Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

EndFragment

EndFragment

特集記事