July 3, 2020


警視庁町田署は3日、住所不定、職業不詳の男性の容疑者(69)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。


逮捕容疑は仲間と共謀して相模原市の70代女性宅に次男の名前をかたり「今日中にお金を用意しなければならない」とうその電話をかけるなどして現金300万円をだまし取ったとしている。  同署によると、詐欺グループの「かけ子」役の男が1日、東京都町田市の町田簡裁を現金の受け渡し場所に指定した。女性が訪れると、弁護士事務所の関係者を装っていた男性容疑者がTシャツにジーンズ、野球帽、リュックサックという身なりで現れた。 カジュアルな身なりから怪しさを感...

May 19, 2020

町田市の不審者情報ってサイトを見つけました。

こんなサイトもあるんだと思い見てみることに。

見てみると本当に調べたのかと思われる事件の種類分別の情報と。

不審者の特徴。

町田市の治安情報に多い不審者の特徴

身長身長170cm台

体格中肉

年齢30代

髪型短髪

服装ズボン
Tシャツ
上衣

その他バイク
自転車
ショルダーバッグ

こんな感じ。

どこにでもいそうな人物。

このサイトの信頼性が疑われる。

リンクはしないので気になる方はご自身で調べてみてください。

不審者情報や事件情報は町田市のホームページや町田警察署のホームページとかにも乗っていたりします。

町田警察署の...

April 9, 2020

非常事態宣言が発令されてましたが、不倫カップルがあうのをやめるかどうか微妙なところです。

外出自粛が出て会うのをやめた浮気夫や浮気妻もいますが、まだ平気で合っている不倫カップルもいます。

特に浮気夫で相手が独身の場合は継続して会っている傾向にあります。

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太...

July 9, 2019

昨年9月に町田市で起きた高齢者住宅での事件。

高齢者の女性が住宅内で撲殺された。

9ヵ月後に殺人容疑で警視庁町田署に逮捕されたのは、同じ施設の隣室に住んでいた被害者の夫だった。

動機は、浮気を疑われた夫が逆上し撲殺した疑い。

当初から警視庁は容疑者には不倫関係にある女性がいるのではと疑っていたようだ。

この女性は中国籍であり町田市内に容疑者の男性が住まいを借りてあげていたそうだ。

何らかの関係があるかどうか捜査を進めている。

不倫をした挙句、逆上して撲殺。

不倫をする男性は身勝手な人間が多いが、人の道を踏み外し過ぎている。

被害者の女性は周囲に容疑者...

June 4, 2019

2019年5月28日朝、川崎市の登戸駅周辺で通り魔事件が発生し、スクールバスを待つ児童ら20人が殺傷された。

死亡を確認されたのは子供1人と大人2人。(被害者男性と容疑者の男性(自殺))

容疑者は、引きこもりだと情報が出ているが依然動機は不明のままみたいです。

事件の数日前から、周辺を下見していたことと町田市内で包丁を数点購入されたことが判明されています。

容疑者が自殺をした為、動機は不明まま評論家が憶測で議論されています。

真相は死んだ容疑者にしか分かりません。

登戸駅は調査で何度か足を踏み入れた地域。

購入された凶器も町田市内で身近な場所で起...

April 29, 2019

損害賠償の範囲

416条が類推適用されます。

第四百十六条 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

※特別の事情によって生じた損害については、加害者がその事情を予見し、又は予見することができたときに限り、賠償責任を負います。(大連判T15.5.22 最判S48.6.7)

損害賠償請求権者

被害者本人

第七百二十一条 胎児は、損害賠償の請求権...

April 3, 2019

意義・趣旨

第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

成立要件

・加害者に故意又は過失があること(過失責任の原則)

・権利又は法律上保護される利益の侵害(違法性)

・損害の発生

・行為と損害の間の因果関係

※立証責任は被害者が負います。

財産以外の損害の賠償

第七百十条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

※...

March 16, 2019

和解

第六百九十五条 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

第六百九十六条 当事者の一方が和解によって争いの目的である権利を有するものと認められ、又は相手方がこれを有しないものと認められた場合において、その当事者の一方が従来その権利を有していなかった旨の確証又は相手方がこれを有していた旨の確証が得られたときは、その権利は、和解によってその当事者の一方に移転し、又は消滅したものとする。

事務管理

第六百九十七条 義務なく他人のために事務の管理を始めた者(以下この章において「管理...

August 20, 2018

議決権

第三百八条 株主(株式会社がその総株主の議決権の四分の一以上を有することその他の事由を通じて株式会社がその経営を実質的に支配することが可能な関係にあるものとして法務省令で定める株主を除く。)は、株主総会において、その有する株式一株につき一個の議決権を有する。ただし、単元株式数を定款で定めている場合には、一単元の株式につき一個の議決権を有する。

2 前項の規定にかかわらず、株式会社は、自己株式については、議決権を有しない。

※1株1議決権の原則といいます。

例外

・単元未満株式(ただし書)。単元未満をもつ株主は議決権を持ちません。

・自己...

August 7, 2018

第二百九十五条 株主総会は、この法律に規定する事項及び株式会社の組織、運営、管理その他株式会社に関する一切の事項について決議をすることができる。

2 前項の規定にかかわらず、取締役会設置会社においては、株主総会は、この法律に規定する事項及び定款で定めた事項に限り、決議をすることができる。

3 この法律の規定により株主総会の決議を必要とする事項について、取締役、執行役、取締役会その他の株主総会以外の機関が決定することができることを内容とする定款の定めは、その効力を有しない。

※取締役会非設置会社は株主総会が、株式会社に関する一切の事項につい...

Please reload

hy東京探偵事務所
​町田オフィス

TEL:042-732-3534

MAIL:machida@hytokyo.co.jp

所在地:〒194-0013 

東京都町田市原町田2-7-6-306

代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:

東京都公安委員会 第0110313号

最新記事

November 20, 2019

August 18, 2019

July 26, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Basic Square

Copyright 2008-2016 hy Tokyo Tantei Jimusho machida office All rights reserved.