March 24, 2019

第七百三条 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

※判例は受益と損失の因果関係は、社会通念上の連結があればよいとされています。

悪意の受益者の返還義務等

第七百四条 悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

※悪意又は重過失がある場合は、損失者との関係で法律上の原因がないとされます。(最判S49.9.26...

March 16, 2019

和解

第六百九十五条 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

第六百九十六条 当事者の一方が和解によって争いの目的である権利を有するものと認められ、又は相手方がこれを有しないものと認められた場合において、その当事者の一方が従来その権利を有していなかった旨の確証又は相手方がこれを有していた旨の確証が得られたときは、その権利は、和解によってその当事者の一方に移転し、又は消滅したものとする。

事務管理

第六百九十七条 義務なく他人のために事務の管理を始めた者(以下この章において「管理...

February 25, 2019

先日最高裁の判決で不貞相手への離婚慰謝料請求を否定原則されました。

今回のケースは離婚したときより数年前に(4~5年前)に行った不貞行為により離婚を余儀なくされたという原告側の主張に対して、被告側は離婚時に、不貞行為はなく婚姻を破綻させた原因ではないことと時効を主張していたようです。

※不法行為の時効は相手方を知ったときから3年、不法行為の時から20年間行使しないとき。

時効に関してはこれまでは、下級審では離婚時に損害が発生するという判例が出ていました。

これに関しては、この最高裁の判決の中では否定さていません。

また例外として、(離婚慰謝料...

November 13, 2018

意義・性質

第六百六十七条 組合契約は、各当事者が出資をして共同の事業を営むことを約することによって、その効力を生ずる。

2 出資は、労務をその目的とすることができる。

※法的性質は諾成・有償・双務契約です。

組合財産

第六百六十八条 各組合員の出資その他の組合財産は、総組合員の共有に属する。

※判例では合有と解されています。(大判S11.2.25)

金銭出資の不履行の責任

第六百六十九条 金銭を出資の目的とした場合において、組合員がその出資をすることを怠ったときは、その利息を支払うほか、損害の賠償をしなければならない。

組合の効力

第六百七十条 組合...

October 16, 2018

相模原市南署は7年前の強盗事件の容疑で、横浜市港北区新横浜1丁目、飲食店従業員の男(29)別の窃盗罪で起訴を再逮捕した。

2011年3月9ごろ、相模原市南区上鶴間2丁目の飲食店で、店員の男性に包丁のようなものを突き付けて、「抵抗しなければ何もしないのでお金を出してください」と脅し、売上金などの現金24万6520円を強奪した。

容疑者の男は当時、大学生で遊ぶ金欲しさに犯行に及んだとされている。

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytoky...

September 22, 2018


21日午前6時10分頃、東京都町田市鶴川のサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」(3階建て)で、入居者の男性(70)から「泥棒が入って女房が死んでいる」と110番があった。警視庁町田署員が駆けつけたところ、1階室内のベッドの上で、入居者の女性(69)が頭から血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

頭に鈍器で殴られたような痕があり、警視庁捜査1課は殺人事件として町田署に捜査本部を設置した。

同課によると、夫が散歩に出かける前に部屋を訪ねると、関さんがパジャマ姿でベッドに倒れていた。頭部右側に長さ10センチ...

September 21, 2018

第六百五十七条 寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

※要物契約になります。

寄託物の使用及び第三者による保管

第六百五十八条 受寄者は、寄託者の承諾を得なければ、寄託物を使用し、又は第三者にこれを保管させることができない。

2 第百五条及び第百七条第二項の規定は、受寄者が第三者に寄託物を保管させることができる場合について準用する。

保管義務

第六百五十九条 無報酬で寄託を受けた者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。

※有償の受託者は善管注...

September 17, 2018

アメーバブログの記事です。

「鉄は熱いうちに打て!(笑)」

https://ameblo.jp/hytokyo-machida/entry-12397199420.html?frm=theme
 

hy東京探偵事務所 町田オフィス
 

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.co.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第3011031...

September 11, 2018

先日、神奈川県大和市で小田急電鉄大和駅前の飲食店で「客が刃物のようなものを手に従業員ともみあっている」などと別の男性従業員から110番通報があった。

駆けつけた大和署員が、負傷した男性従業員を発見。男性従業員は左腹部を刺され全治約3週間の重傷を負ったようだ。

逮捕されたのは、座間市さがみ野の会社員の男性の容疑者(37歳)。「切りつけたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 男は犯行前、刃物を持参して同店を訪れたが、男性従業員が入店を拒否するともみ合いになり、男性従業員の左腹部を刺して逃走したという。犯行に使ったとみられる刃物は見つ...

August 20, 2018

議決権

第三百八条 株主(株式会社がその総株主の議決権の四分の一以上を有することその他の事由を通じて株式会社がその経営を実質的に支配することが可能な関係にあるものとして法務省令で定める株主を除く。)は、株主総会において、その有する株式一株につき一個の議決権を有する。ただし、単元株式数を定款で定めている場合には、一単元の株式につき一個の議決権を有する。

2 前項の規定にかかわらず、株式会社は、自己株式については、議決権を有しない。

※1株1議決権の原則といいます。

例外

・単元未満株式(ただし書)。単元未満をもつ株主は議決権を持ちません。

・自己...

Please reload

hy東京探偵事務所
​町田オフィス

TEL:042-732-3534

MAIL:machida@hytokyo.co.jp

所在地:〒194-0013 

東京都町田市原町田2-7-6-306

代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:

東京都公安委員会 第0110313号

最新記事

November 20, 2019

August 18, 2019

July 26, 2019

April 3, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Basic Square

Copyright 2008-2016 hy Tokyo Tantei Jimusho machida office All rights reserved.