過去の浮気調査事例 離婚を回避しての慰謝料請求

StartFragment 今回の浮気調査でのクライアントの希望は離婚をせずに相手から慰謝料を請求し浮気相手と別れさせることです。 今回の調査は難航しました。 浮気相手と会うのですが会ってもお酒を飲んで深夜までカラオケ。 2人で密会している地域にはホテルがなくこの周辺であっている限り不貞行為の証拠は得られそうにありません。 カラオケBOXで行為をしていたら少しお手上げな状況です。 (発覚覚悟でドアの隙間から撮るか行為が確認できたとこでクライアントが突撃するしかありません。) 最近のカラオケBOXはそのような行為を禁止しているため部屋にカメラを設置し注意をするそうなのでここではしてないと憶測するしかありません。 毎回会えば深夜までふたりでいるのと浮気相手にも家庭があるのでこの行為だけでも問題はあります。 数回、調査を重ねたのですが、いつもこのパターンです。 クライアントにも予算の都合があります。 不定の証拠は得れていないが、相手にも家庭があるのでこの密会の証拠だけで会うのを止めさせる(慰謝料を諦める)方向にするしかないかなと方向転換を考えていたときです。 EndFragment 浮気調査事例・離婚をせずに慰謝料請求 | 探偵クロキのブログ StartFragment 配偶者の勤務先で張り込みをしていたのですが、その日は退社が確認できませんでした。 ここで、クライアントも私達もピントきます。 会社を休んで会っていたと。 そして、この配偶者が浮気相手に会うときには特徴があります。おそらく浮気相手からのプレゼントだと思われる洋服を会うときには身に着けていくのです。 しかも、ご丁寧に前日

委任

委任 StartFragment 六百四十三条 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。 受任者の義務 善管注意義務 第六百四十四条 受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。 ※無償であっても負います。 報告義務 第六百四十五条 受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。 受任者による受取物の引渡し 第六百四十六条 受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、同様とする。 2 受任者は、委任者のために自己の名で取得した権利を委任者に移転しなければならない。 受任者の金銭の消費についての責任 第六百四十七条 受任者は、委任者に引き渡すべき金額又はその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払わなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。 委任者の義務 受任者の報酬 第六百四十八条 受任者は、特約がなければ、委任者に対して報酬を請求することができない。 2 受任者は、報酬を受けるべき場合には、委任事務を履行した後でなければ、これを請求することができない。ただし、期間によって報酬を定めたときは、第六百二十四条第二項の規定を準用する。 3 委任が受任者の責めに帰することができない事由によって履行の中途で終了した

hy東京探偵事務所
​町田オフィス

TEL:042-732-3534

MAIL:machida@hytokyo.co.jp

所在地:〒194-0013 

東京都町田市原町田2-7-6-306

代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:

東京都公安委員会 第0110313号

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Basic Square

Copyright 2008-2016 hy Tokyo Tantei Jimusho machida office All rights reserved.