剣道実技拒否事件訴訟

市立高専の校長が、信仰上の理由により剣道実技の履修を拒否した学生に対し、必修である体育科目の修得認定を受けられないことを理由として2年連続して原級留置処分をし、さらに、それを前提として退学処分の処置をした。 学生が違法であると取消しを求めた行政訴訟(抗告訴訟)を起こしたものです。 最高裁は、 「信仰の核心部分と密接に関連する真しな理由から取得を拒否したものであり、他の体育種目の履修は拒否しておらず、他の科目では成績優秀であった上、右各処分は、同人に重大な不利益を及ぼし、これを避けるためにはその信仰上の教義に反する行動を採ることを余儀なくさせるという性質を有するものであり、同人がレポート等の代替措置を認めて欲しい旨申し入れていたのに対し、学校側は、代替措置が不可能というわけでもないのに、これにつき何ら検討することもなく、右申し入れを一切拒否したなど判事に事情の下おいては、右各処分は、社会懸念上著しく妥当を欠き裁量権の範囲を超える」 として、学校側による一連の措置は裁量権の逸脱であり違憲違法なものであったと認定し原告の主張を認めた。 最判H8・3・8 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-680

宗教法人オウム真理教解散命令訴訟

地下鉄サリン事件で無差別殺人を実行したオウム真理教に対して宗教法人法に基づく解散命令が請求されたことが、信者の信教の自由を実質的侵害するものとして憲法20条1項に違反しないかどうか、最高裁に特別抗告を行われた。 ※特別抗告とは、訴訟法で不服を申し立てることができない決定・命令に対して、その裁判に憲法解釈の誤りその他憲法違反を理由とするときに、特に、最高裁判所に判断を求める抗告をいう 宗教法人法 第八十一条  裁判所は、宗教法人について左の各号の一に該当する事由があると認めたときは、所轄庁、利害関係人若しくは検察官の請求により又は職権で、その解散を命ずることができる。 一  法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると 明らかに認められる行為をしたこと。 StartFragment 日本国憲法StartFragment 第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。 「解散命令の制度は・・・・専ら宗教法人の世俗的な側面を対象とし、専ら世俗的目的によるもので、宗教団体や信者の精神的・宗教的側面に口出しする意図によるものではなく、精度の目的も合理的であるとし解散命令によって・・・オウム真理教やその信者らが行う宗教上の行為に何らかの支障が生ずることが避けられないとしても、その支障は、解散命令に伴う間接的で事実上のものであるにとどまるので、本件解散命令は必要でやむ得ない法的規制であり、合憲である」とした。 最判H8・1・30 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX

狛江市盗撮事件

2016年12月に、女性の部屋に不法侵入し隠しカメラを仕掛けた男の画像が公開されました。 隠しカメラは脱衣場に仕掛けたあり、洗濯機のホースに切れ目があり女性が発見したそうです。 女性は男と面識はなく、合鍵を使うなどして部屋に侵入した疑いが持たれています。 現時点では男が合鍵を手に入れた方法や女性がストーカー行為などのその他の被害にあっていたかどうか不明です。 警視庁はユーチューブで動画を公開し情報の提供は求めています。 詳しくはこちらから http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/ichiran/ichiran_28/chofu161212.html 今回の事件は被害者の女性が隠しカメラを見つけることができ、盗撮被害に合わず済んだ模様です。 (ただ犯人が捕まっていないので、すでに盗撮画像があるかもしれません。) 盗撮行為は犯罪ですが、盗聴行為は日本では犯罪にはなりません。 今回の事件は盗撮行為は未然に防げたので、住居不法侵入事件として捜査が行われています。 弊社探偵事務所では、盗聴器・盗撮機発見調査も行っています。 ご自身のプライバシーが覗かれる前に調査を行うのが賢明な判断かもしれません。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第3

非嫡出子相続分訴訟

非嫡出子に嫡出子の2分の1しか相続分を認めない民法900条4号ただし書前段に規定は憲法14条1項に StartFragment 違反するかどうか争われた。 最高裁は、同規定の 「立法規定は法律上の配偶者との間に出生した嫡出子の立場を尊重するとともに、他方、被相続人の子である非嫡出子の立場を配慮して、非嫡出子に嫡出子の2分の1の法定相続分を認めることにより、非嫡出子を保護しようとしたものであり、法律婚の尊重と非嫡出子の保護の調整を図ったものと解される。これを言い換えれば、民法が法律婚主義を採用している以上、法定相続分は婚姻関係にある配偶者とその子を優遇して定めるが、他方、非嫡出子にも一定の法定相続分を認めてその保護を図ったものと解されるとし、現行民法は法律婚主義を採用しているのであるから、右のような、本件規定の立法理由にも合理的な根拠があるいうべきであり、本件規定が非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1としたことが、右立法理由との関連において著しく不合理であり、立法腑に与えられた合理的な裁量判断の限界をこえたものであるということはできないのであって、本件規定は、合理的理由のない差別とはいえず、憲法14条1項に反するものではない」 最大H7・7・5 と、判決が出ていたのだが、平成25年9月4日に覆り、違憲と判決が出た。 [if IE]><meta http-equiv="imagetoolbar" content="no" /><![endif] StartFragment「昭和22年民法改正時から現在に至るまでの間の社会の動向,我が国における家族形態の多様化やこれに伴う国民の意識

加持祈祷事件

僧侶が精神障害の治療のため、加持祈祷など線香の火にあたらせるなどしたために患者(少女)が心臓麻痺で死亡し、傷害致死の容疑で逮捕された。 宗教的行為を処罰することが、憲法20条(信教の自由)に違反しないかが争われた 日本国憲法20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。 2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。 3  国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。 最高裁は、、「およそ基本的人権は、国民はこれを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負うべきことは憲法一二条の定めるところであり、また同一三条は、基本的人権は、公共の福祉に反しない限り立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と、信教の自由の保障が絶対無制限のものではないことを示した。 さらに「被告人の本件行為は、所論のように一種に宗教行為としてされたものであるとしても、それが、他人の生命、身体等の危害を及ばす違法な有形力の行使にあたるものであり、これにより被害者をしに至らしめたものである以上被告人の右行為が著しく反社会的なものであることは否定し得ないところであつて、憲法二〇条一項の信教の自由の保障の限界を逸脱したものというほかはなく、これを刑法二〇五条に該当するものとして処罰したことは、何ら憲法の右条項に反するものではない。」 憲法20条1項の信教の自由の保障の限界を逸脱するとした。 最大判S38・5・15 hy東京探偵事務所 町田オフィ

君が代伴奏拒否訴訟

市立小学校の音楽教諭に対して校長がした入学式における「君が代」のピアノ伴奏の職務命令に従わなかったとして、東京都教育委員会(被告・被控訴人・被上告人)から戒告処分を受けたことから、職務命令が思想・良心の自由を定めた憲法19条に違反しないかが争われた。 日本国憲法19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 最高裁は、本件職務命令は、 「公立小学校における儀式的行事において広く行われるものであって、上告人に対して、特定の思想を持つことを強制したりするものではなく、特定の思想の有無について告白することを強要するものではなく、児童に対して一方てきな思想や理念を教え込むことを強制するものとみることはできない。以上の諸点にかんがみると、本件職務命令は、上告人の思想及び良心の自由を侵すものとして憲法19条に反するとはいえないと解するのが相当である。」 とした。 最判H19・2・27 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3

局部切断事件

妻と不倫関係になった弁護士の局部を喫り落した事件の控訴審判決があった。 (地裁判決 懲役4年6月の実刑) StartFragment冒頭陳述によると、小番被告の妻は平成26年5月から男性の秘書として弁護士事務所で働いていたが、同年12月から男性と合意の上、不倫関係になり、頻繁に性的関係を持つようになった。しかし妻は男性への感情が次第に冷めてゆき、今年8月上旬、小番被告から「帰宅時間が遅い」と責められけんかになった際、離婚を避けるため妻側は「弁護士に性的関係を迫られた」と嘘をついた。小番被告は「立場を悪用し、妻を逆らえなくした」と考え、8月13日、妻とともに弁護士事務所を訪れ、男性の顔を殴り気絶させ、局部をはさみで切り落としたとされる。EndFragment 被告側は、「量刑が不当に重い」と控訴していた。 高裁は「男性が被告の妻と不倫したことは民事上の賠償責任が生じる違法なものであり、男性側に落ち度があることは明らかだ」と指摘しつつも、「(暴力ではなく)民事訴訟などで対抗すべきだった。局部切断は極めて悪質で危険な上、男性に大きな肉体的苦痛と生涯消えることのない精神的苦痛を与えた」と指弾。「1審の量刑判断に誤りはなかった」とし、控訴を棄却した。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第3

国籍法違憲訴訟

日本人である父と外国人である母との間に出生した後に父から認知された子につき、国籍法3条1項が、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得した場合に限り日本国籍の取得を認めていることのよって、国籍取得の条件を備えていないとして、日本国籍の取得を認められなかったため、父母の婚姻(嫡出子であること)を国籍取得の要件とする同項の規定は、法の下の平等を定めた憲法14条に違反するなどと主張して、国に対し、日本国籍を有することの確認を求めた訴訟である。 日本国憲法 StartFragment第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 EndFragment StartFragment 最高裁の判断は、 「その立法目的自体に合理的な根拠は認められてるものの立法目的との間における合理的関連性は 社会環境の変化により失われており、憲法14条1項に違反する。」 (最大判h20.6.4) この判決を受けて、国籍法3条1項は改正されています。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info

養育費未払い防止へ

昨今問題となっているのが、養育費や損害賠償請求の確定判決または公正証書にサインしたとしても、それを払わず逃げている方が多くいます。その原因として債務者が行う相手の財産の差押の難しさにあります。不動産関係でしたら、登記簿の確認ですぐに裁判所に差押を申し立てられますが、金融資産は金融機関(銀行等)が個人情報の開示を拒むため、債務者の方で債権者が利用する銀行のどこどこ支店まで調べてから裁判所に申し立てする必要がありました。これを緩和するため、民事執行法を見直し、裁判所の命令または弁護士照会による問合せに対し、金融機関に口座照会を行わせる法案を国会に提出する予定です。 法案の提出は2018年 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分 ●代表:原田 秀樹 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号 ●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号 横浜オフィス ●TEL:045-827-38

東京電力塩山営業所事件 思想・良心の自由

企業が従業員にたいして共産党員でないことを文書で証明するよう要求したことが、思想、信条の自由が侵され精神的苦痛を与えられたとして慰謝料の支払を求、憲法19条に違反しないか問題になった。 憲法19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 最高裁は、当該調査の返答の態様は返答を強要するものでなかったことから、 「上告人に対し、上告人が本件書面交付の要求を拒否することによって不利益な取扱いを受ける虞のあることを示唆したり、右要求に応じることによって有利な取扱いを受け得る旨の発言をした事実はなく、さらに、上告人は右要求を拒否した、というのであって、右事実関係に照らすと、本件質問は、社会的許容できる限界を超えて上告人の精神的自由を侵害した違法行為であるとはいえない」 として違法性を不定した。 最判S63・2・5 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp ●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分 ●代表:原田 秀樹 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30

離婚訴訟 親権 寛容性の原則

2016年3月の地裁判決において、日本では異例ともとれる判決が出ました。 離婚訴訟において、争われたのは子(長女)の親権です。 この夫妻は2010年、妻が夫に無断で長女を連れて自宅を出、妻は長女の親権を渡すよう夫を提訴。夫も長女を引き渡すよう妻を反訴していた。 この訴訟において、妻側は子と夫との面会交流を月に1度とし、夫側は年100日を妻と子の面会交流させるとしていた。このことを地裁は重視し、「長女が両親の愛を受け成長するためには夫に養育される方がよい」として、長女の引き渡しを妻に命じた。夫側の言い分が認められた判決となった。離婚相手と子の交流を広く認める「寛容性の原則」を重視した判決となった。この「寛容性の原則」は欧米諸国では重視されている。 だが、日本ではどちらというと同居中の親を優先する「継続性の原則」や、母親を優先する「母親優先の原則」が重視されている。 2017年1月、この裁判の控訴審があった。 高裁は「継続性の原則」と「母親優先の原則」を重視し、妻側の逆転勝訴となった。 hy東京探偵事務所 町田オフィス ●TEL:042-732-3534 ●FAX:042-732-3263 ●MAIL:machida@hytokyo.co.jp ●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306 JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分 ●代表:黒木 健太郎 ●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号 池袋オフィス ●TEL:03-6802-8160 ●FAX:03-6802-8161 ●MAIL:info@hytokyo.co.jp

猿払事件

StartFragment 郵便局員は勤務時間外に、ある政党を支持する目的で衆議院選挙選挙用ポスターを提示・配布したことが、公務員の政治活動を一律に禁ずる国家公務員法102条等に違反するとして起訴された。 争点となった法律 憲法21条 第21条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 国家公務員法102条1項【政治的行為の制限】 職員は、政治又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らかの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。 公務員の憲法規定 第15条  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。 最高裁は 「公務員の政治的中立性を損なうおそれのある公務員政治的行為を禁止することは、それが合理的でやむえない限度にとどまるものである限り、憲法の許容することである」とし、国家公務員法102条等の規定は、 ①行政の中立的運営とこれに対する国民の信頼に確保という禁止目的の正当であり、 ②そのために公務員の政治的中立性を損なうおそれがあると認められる政治的行為を禁止することは、禁止目的との間に合理的な関連性があり、 ③禁止により得られる利益は失われる利益に比してさらに重要なものというべきであるので、政治活動の自由を保障する21条に違反しない」とした。 hy東京探偵事務所 町田オフィス

hy東京探偵事務所
​町田オフィス

TEL:042-732-3534

MAIL:machida@hytokyo.co.jp

所在地:〒194-0013 

東京都町田市原町田2-7-6-306

代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:

東京都公安委員会 第0110313号

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Basic Square

Copyright 2008-2016 hy Tokyo Tantei Jimusho machida office All rights reserved.